スピリチュアルに生きる人たちが通過する内観のテーマ

更新日:5月11日


2022年に「浄化年」の運勢が巡っているのは

牡丹宮(ぼたんきゅう)の方たちです。



そのため、

「内観による浄化(手放し)」が、

順調に進んでいる方が多いでしょう。

ただし順調と言っても、現実には

「一体、この大ピンチのどこが順調なんだ?!」

と言いたくなる方も多いはずです。


例えば長年、手をつけたくない

と思っていたお金の問題を

片付けなくてはいけなくなったり



「このポジションを失ったら

私は生きていけない…」


と執着していたことを

手放さざるを得ないなど



決断したくないことを

決断しなくては、

前に進めないからです。




そのため浄化年は

「どれだけ犠牲を払ったとしても、もうこんな場所に居たくない!!」



と思うような、

今までの不平不満、恨みつらみなど

強烈にネガティヴな思考や感情が

内側から湧き上がってきます。

なぜなら

なまじ耐えられる状態では、

悩むばかりで結局重い腰を

上げないからです。

例えば長年、体のどこかが痛かったり、

手術が必要と分かっていても、

「手術は怖いな、受けたくないな…」

「手術や入院はお金がたくさんかかるし…」

「万一失敗したらどうしよう…」

と、不安な気持ちの方が勝って

「やはりこのままもう少し様子を見よう…」

「その方がお金もかからないし…」

「波風立てるより私さえ我慢すればいい…」

と、散々悩んで一周回って、

元の場所に戻ってしまうのです。



「今まで死守してきたあの場所に

戻らなくては!」


と、思ってしまうのは、

実は外側の問題ではなく


その人の心の中で起きている問題なのです。





ですから浄化年に、

【今まで持ち堪えていたけれど自力ではどうしようもないこと】

に限界を感じているなら、



それは文字通り、

あなた1人の力で耐え続けられるものではなく、



他の誰のせいでもなく、

スピリチュアルに生きる人たちが通過する、内観のテーマなのです。






毎週(月)朝に配信

メルマガ「輝翔運命暦(きしょううんめいごよみ)通信」




閲覧数:260回

最新記事

すべて表示