家族と波動が違いすぎる時、合わない時は・・・

更新日:2021年9月20日


我が家で、実際にあったエピソードです。



ある夜、

夫が肩を落としてつぶやきました。 夫

「あーあ。 今日は朝の散歩で虹を見たけど、何もいいことなかったな」 私

「えっ? 虹を見たらいいことがあるって、どこで聞いたの?」 夫 「コンビニのお兄さん。 虹を見たから、今日はパチンコで大当たりが出そうだ!って喜んでた」 私

「(なるほど、何か得することを期待しちゃったのね)

う〜ん・・・

朝一番に綺麗な虹を見たこと自体が、良いことだったんじゃないの? そんなふうに、なんでも損得で考えてたら、人生つまらないね〜」 夫は、いつも私が朝からご機嫌で

ぴょんぴょんしているので、

きっと何か特別に良いことがあったに違いないと

思っているようで、

密かに対抗意識を燃やすような

子供っぽいところがあります(汗)。

夫が送ってくれた、

早朝の虹の写真です。


すご〜〜〜い!!

ステキ〜〜〜!!!!

こ〜〜んなに綺麗で

大きな虹を直接

見られたこと自体、

すっごくラッキーだと思いませんか?


しかもよく見ると


鳥が飛んでるの!


萌え〜〜〜 (/*^^*)/

いいもん見た〜〜〜〜〜 (/*^^*)/

と、思っちゃいますけどね


私だったら。

ていうか夫、

なんで虹を見た結果

がっかりしてるんだろう??

だったら見ないほうが

良かったかもね・・・

とまあ、夫を

見てると飽きないと言うか、

可笑しくなってしまう私でした。

実は我が家では

こういうことは日常茶飯事でして、

以前は同じ屋根の下に

良くないこと探しの名人

がいるおかげで、

せっかくの楽しい気分に水を差されたり、

こちらまでズズーーンと重い気分になることが

しょっちゅうでしたが、

だからこそ本気で

低い波動の影響を受けたくない

と思ったし、家族だから

距離を置くのも難しいし、

私自身が波動調整や

引き寄せの法則を実践して

検証できて、


お仕事に生かせるようになったので、

これぞ一挙両得?!

今では我が家の

良くないこと探しの名人

が、何かぶつぶつ言っていても、

「ほーほー、

そういう風に考えるのね」

って思うだけ。

気にしません。

特にストレスも感じないので、

以前より仲良しですよ〜

(↑以前はいちいち腹が立ってました/笑)

家族と波動領域が

違いすぎる時は、

自分軸をしっかり意識して

気にしないことです。



家族に波動が低い人がいても、

あなたの波動まで下がることはありません。



要は、あなた次第。



あなたが自分軸をしっかり持って、

低い波動にいちいち反応しなければ、

影響を受けなくなるからです。


閲覧数:1,086回

最新記事

すべて表示